FC2ブログ

また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

今回は原作付きの2作品を!

恒例のファーストデー
今回はコチラを鑑賞して参りました。

ビブリア古書堂の事件手帖
なんと映画鑑賞ネタ3回連続で黒木華さん出演作を観ております。


ミステリー系のライトノベルの映画化。ミステリーと言っても大きな事件を解決する訳では無く「古書と人の縁が織り成す謎」を解き明かす物語。
数年前、当時人気の若い役者さん達が出演されてTVドラマ化されていたのを観ておりました。
今回の映画化はそのTVシリーズでも扱われていたエピソードを中心に構成されているので個人的には絶賛ネタバレ済みな内容。
主演のお2人、黒木華さんや「ちはやふる」の太一くんを好演した野村周平さんお二方とも興味のある役者さんですけどクマの興味を奪ったのは監督の三島有紀子さん。
これまで「しあわせのパン」「ぶどうのなみだ」「繕い裁つ人」とクマのツボに入る作品を撮られている監督さん。どちらかと言うと淡々とした内容の上記三作に対し今回はサスペンス。当然の様に興味津々での鑑賞です。
まぁ、やっぱり内容を知っているのでサスペンスとしては驚きも無く観てしまったんですけど、原作やTVではサスペンスのタネ明かしとしてサラッと描かれていた過去のドラマを今回は本筋と並び立てられて描かれていました。


そんな過去パートで印象的だった…

かつ丼がこの日の晩ご飯に選ばれたのは言うまでもありません!
d( ̄  ̄)
やっぱり三島監督は食べ物の使い方がお上手でした。



そして、ちょっと食い足りなくてレイトショーのコチラも鑑賞。

若おかみは小学生!
実は全くのノーマーク。
^^;



やたらと良い評判に釣られて、あくまでも「ついでに」観ることにした作品。
児童文学で有名な作品なんだそうで小説としては20巻にも渡る長編。
春から秋口までTVアニメシリーズとしても2クール程放映されていたんだとか…
突然両親を失った小学生の主人公が、身を寄せた祖母の営む旅館を手伝う事になり、様々な人々や「幽霊」と心を通わせていくストーリー。
そんなあらすじ紹介を観ても興味が沸かなかったクマ。


ところがね
今年一番面白かったかも!
(((o(*゚▽゚*)o)))

主人公の真っ直ぐさがとても心地良い作品でした。
ちょっと得した気分。
突然開催!ひとり映画祭 | コメント:0 | トラックバック:0 |

星臨む丘の上…の初老さん

土曜の午後、ちょっとお出かけ

三鷹の国立天文台 三鷹キャンパス
観測と理論から天文学を研究している機関。


この週末は年に一回の特別公開日 三鷹・星と宇宙の日との事。
面白そうなんでお邪魔してみました。

と言っても、イベントに気がついたのが昼過ぎなので到着した頃には夕方前。
ちょっと慌ただしく館内を見学。

そんなに時間も経っておりませんが、なんか良い眺めの広場を眺めながら

ちょっと小休止!
土曜日の午後、天文大好き系な方々と家族連れの見学者で一杯です。


さて
小腹も膨れたので

今日の お目当に!


50センチ望遠鏡による観望会!
こちらでは月に数回、この望遠鏡を使って季節や天文イベントに合わせて一般参加の観望会が催されてらっしゃいます。参加枠が多くないのもあって人気のイベントになっていて事前の受付の抽選制になっいます。

実は、夏前からちょいちょい申し込んでたんですけど外れまくっておりました
^^;


今回のイベントでも観望会が有ると聴いてワンチャン狙いで来てみた次第。

他の見学もそこそこに整理券の待機待ちしてたので見事「火星」をレンズ越しに拝む事が出来ました。


ただ夜空を見上げるだけじゃなくて、レンズ越しとは言えかなり宇宙に近づけた初老さんでございました。
お散歩のとれ高 | コメント:0 | トラックバック:0 |

絶賛執筆中!٩( 'ω' )و

先ずは、先々週の面接3件が物の見事に不合格だった事をご報告。

いやぁ…秋の空が高いねぇ
(*´Д`*)

落ち込んでもしょうがないので次へアプローチ!



転職の常識として「歳の数だけ応募をしなさい!」的なセオリーがあるそうです。
それくらいの活動をしないと自分が求める職には行き着けない…的な話なんだそうです。


自分51歳なんですけど…
(; ̄ェ ̄)



頑張りますけど…




そんな応募に対して面接に呼んでもらう様にするには応募時に送付する「応募書類」が大事になります。
一般的に応募書類って言うのは「履歴書」「職務経歴書」あと挨拶文に当たる「添状」の3点。
この中の「職務経歴書」…コイツが中々手強い。
要は、履歴書の経歴欄を仕事の部分に特化して「私はこんな仕事をして実績を上げて来ました」と簡潔に紹介しなくてはいけません。


もうさ…
30年近くも惰性で仕事してるとさ、何も書く事なんか無いよ
( ̄▽ ̄;)



そんな相談をしごとセンターのアドバイザーにしたのが夏の終わり…
「とにかくお仕事での経歴を棚卸ししましょう!」とご教授頂いたてウンウン唸りながら思い出を掘り返す日々。
…忘れたいことばっかでやんの!
^^;




それでも何とか棚卸しの上纏めて上げた経歴書をアドバイザーに添削してもらうと
「もっと何か色んな事があった筈ですよ!思い出してみてください!」…


マジっすか?
(ーー;)



そうやって9月のひと月を自分の過去と向き合う事になりました。徹底的に前職でのキャリアの事を思い出します。そうやって職務経歴書を書き直してはアドバイザーに見て貰います。
そうすると「この経歴のこの部分って解釈を変えるとこんな実績があったって事ですよね!」と、一つ一つ前向きな内容に変換してくれるのでもう一回書き直す…そんな繰り返し。


そうやって丸々1か月掛けて作成した応募書類を使っております。
この歳になってここまで自分に向き合う事になるとは思いませんでしたが、それはそれで中々興味深い日々で、仕事における自分の経歴の流れを俯瞰して見て深い反省とちょこっとだけの達成感を味わったりしています。
しかしと言うかやっぱりと言うか、51歳の転職はなかなかどうして…な感じです。
(にも関わらず鈴鹿だ静岡だとうろつき廻っているんですけど…)


そんなこんなで、まだまだ悪戦苦闘の日々が続きそうです。
今日の失業グマさん | コメント:0 | トラックバック:0 |

秋も変わらず集合…


日曜日の上野…




いつものヤツです
(; ̄ェ ̄)




ポケモンGOの月に一度のコミュニケーションデイ
いつものメンバーで合宿。

ところが上野

この残念なお知らせの「1部地域」に該当していた模様で…



意外とあっさり諦めて移動

早い時間から…



酒宴の最中

台湾で開催されるイベントにかなり熱心なお誘いを受けましたが
鹿児島ツアーで懲り懲りなクマは丁重にお断り。


とにかく、就活中の良い気晴らしをさせて貰いました。
相変わらず酒飲んでばっかだけど
^^;
ただの与太話 | コメント:0 | トラックバック:0 |

幸せの黄色い…






(; ̄ェ ̄)



今シーズンはもういいか…





そんな夏休み以降の展開でした。
もう毎レース毎レース、セバスチャン・ベッテル選手が…スクーデリア・フェラーリがヘタなコントを見せるかの様に自滅を繰り返す…



ミハエル・シューマッハ選手の黄金期が遥か昔の伝説かお伽話にしか思えない内容。
当時は、フランスやイギリスからレースのプロフェッショナルを集めてなりふり構わず勝ちに行っていた印象。この10年、チームの中枢を再度イタリア勢で固めて気が付いたら古き悪しき跳ね馬に逆戻りしておりました。
ポイント上チャンピオンはまだ決定しておりませんが、これでセバスチャン・ベッテル選手の逆転優勝とかあったらルイス・ハミルトン選手とメルセデスチームに申し訳ない感じになってしまいます。
なので、後はジリジリするチャピオン争いよりも毎戦主役が変わる様な痺れるレースを期待しております!



にわかティフォシの敗北宣言はこれくらいにして、楽しい鈴鹿の思い出でも…


スマホの写真残ってないんだ…
(ーー;)



なんで
日本グランプリ前に発売されたコチラから

GP Car Story Special Edition SUZUKA
愛読誌、恒例の秋の特別編集版
今年、30回目の記念大会だった鈴鹿での日本グランプリを振り返る一冊。
1987年から連続開催されている日本グランプリ。
クマも'89年以降毎年現地かTVで観戦しております。
秋開催という事もあり、何度となくシーズンのクライマックスが展開されて来ました。
この特別編集版の制作にあたっては読者から「思い出の日本グランプリ」の投票募集があり、クマもちゃっかり投票しておりました。


そんなクマが選んだ「思い出の日本グランプリ 3選」は
初めて鈴鹿を訪れた1989年

「推しのドライバー(ミカ・ハッキネン選手)」が目の前でタイトルを決めてくれた1998年
そして
・我らが佐藤琢磨選手がデビューシーズンの鈴鹿で奇跡の走りを見せてくれた2002年でした。


1987年に中嶋悟さんがデビューして始まった日本人F1レギュラードライバーの系譜は2000年に高木虎之介さんがF1を離れた事で途絶えてしまいます。ホンダが復帰していたものの「日本人ドライバー不在」が2シーズンも続く異常事態(小林可夢偉選手がF1を離れ日本人ドライバー不在が早4シーズン目の現状からすればまだまだ良い方なんですけどね)。
そんな中、ホンダのバックアップを受けてイギリスF3で頭角を現して来たのが佐藤琢磨選手。
2001年に数々のの名ドライバーがチャレンジしてきた各国F3のオールスター戦であるマカオGPを制してホンダエンジンで走っていたジョーダンのシートを射止めます。
そんな佐藤琢磨選手がデビューシーズンに乗り込んだのが

GP Car Storys Vol.25 Jordan EJ12
GP Car Storyシリーズでは2回目のジョーダン。
ホンダエンジンと久々の日本人ドライバー!
しかも、それまでのメーカーやスポンサーのバックアップの元日本国内で実績を上げてのステップアップとは違い現役のイギリスF3チャンピオンにしてマカオウィナーと言う今までに無い可能性を秘めた日本人F1ドライバーの誕生に日本のF1ファンの期待を再度昂らせたマシン。
ところが、当時のジョーダンはタバコ関連の広告収入の激減期で大幅なリストラを断行しながらのシーズンイン。琢磨選手の経験不足もあって開発すらままならない開幕を迎えシーズン終盤まで苦戦を強いられます。
そんな中迎えた最終戦、母国日本GP。
ホンダとジョーダンのエンジン供給契約終了を受け、翌シーズンのチーム残留が難しい状況にもめげる事なく鈴鹿のコースを走り抜ける琢磨選手を
全力で応援していた事を今でも強烈に覚えています。



そんな懐かしい記憶を掘り返していたら急に思い出して住処を捜索。

コチラを発掘しました。
2002年の日本GPを「佐藤琢磨応援シート」なる特別指定席で観戦しておりました。その時に配布されたブルゾン。
しっかり着込んで応援ておりました。



我ながらミーハーな観戦をしておりました。
あの日、西日を受けて力走する黄色いジョーダンのマシンに全力で声援を送り、そのジョーダンEJ12を駆る佐藤琢磨選手の可能性に魅了されて…
良い思い出です。
(*´ω`*)

フォーミュラ1 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |NEXT