FC2ブログ

また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

その左手は虚しく虚空を掴む

今日も恒例の歯医者さん

診察台に付いてしばらくすると先生がやってきます。
「それでは始めましょうか!」
治療開始です。

クマ社員はすかさず目を閉じます。

ハイ!怖いからです。

なので気配でしか分かりませんが、先生が何かを取り上げた瞬間

左手を挙げてます

「痛かったら左手を挙げてください。」
と言われていたので挙げているのですが、取りあえず…

あんまり挙げすぎで今では「挙げてください」とは言われなくなりました。

それでも

左手は挙げ続けられています。
スポンサーサイト




ただの与太話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<SVさんをお出迎え | HOME | 大都会の彷徨い人 2(…近所を散歩しただけです)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |