FC2ブログ

また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

祝☀️50周年!

さてさて
そぼふる雨の六本木からいきなりお送り致します。

目指したのは

六本木ヒルズ

の森美術館


こちらで

ミュージシャン 細野晴臣さんの50周年展覧会「細野観光 1967-2019」を見学しに参りました。


伝説のグループYMOのリーダーにしてソロでも多くのアーティストの方々と共演され影響を与えて来た細野さん。
昨年、映画「万引き家族」の音楽担当として日本アカデミー賞を受賞されたのは記憶に新しい所。
そこからワールドツアーにファーストソロアルバムのリブートと精力的に活動を続け今年の音楽活動50周年を迎えられました。

展示では人物史と音楽活動の軌跡を中心に年代順に展示されてました。
そんな中


YMO全盛期に使われていた電子楽器の数々


まぁ、目が奪われまくりです。


今ではPCのソフトや高性能なアプリで再現出来てしまう電子音や音の加工を当時はこれだけの楽器を駆使して行って居ました。
その実物、しかも実際にご本人が所蔵されていた物を見学出来たのは、中学生でテクノポップにかぶれた身としては正に宝の山感覚でございました。


幼い頃にビッグバンドやブギウギに親しみフォークロックでミュージシャンを目指した細野さん。
南国系のリゾートミュージックからテクノポップへ舵を切ってニューウェーブを経由してヒップホップ、アンビエント、ワールドミュージックと虚いながらまたカントリーやブギウギに戻って来た軌跡。
なる程、確かに節目を迎えたって事なんだな…
(*´ー`*)
と良いもん見た感満載の見学でございました。
スポンサーサイト




僕の鼓動は音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<それは東京の東 | HOME | 「我が街神保町に日が暮れて」とかいきなり言い出す初老さん>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |