FC2ブログ

また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

聖地鈴鹿が親子2代対決の場へ

前回から続いてF1ネタ
毎年、この時期になると日本GPに因んだクルマを紹介してくれる愛読誌。今回も懐かしい一台を紹介してくれました。

GP Car Storys Vol.29 ウィリアムズFW18・ルノー


再建に全力を注ぐイギリスの老舗チームやフランスのエンジンメーカーへのエールなのか、日本人大注目のホンダ搭載チームで辣腕を振るうカリスマデザイナーの若かりし頃の仕事を振り返ったのか…
とにかく日本GPでチャンピオンを決したのがこのマシン。ウィリアムズ・チーム目線の時系列で言うと最大のライバル、ベネトンのミハエル・シューマッハ選手にドライバーチャンピオンを2連覇された翌年、覇権奪還を期した1996年シーズン。
ウィリアムズが用意したマシンは破れはしたものの完成度の高かった前年型の正常進化版。前年モデルからトレンドに則って空力やメカニカルなデザインを熟成させた堅実な一台でした。
駆るのは雪辱に燃えるデーモン・ヒル選手、そして新人にして前年度インディ・チャンピオンのジャック・ビルヌーブ選手。
期せずしてグラハム・ヒル選手とジル・ビルヌーブ選手と言うレジェンドドライバーの2世コンビで挑む事になりました。


ところが、話題豊富なウィリアムズ陣営なのにも関わらず話題を掻っさらったのはチャンピオンを獲得しながらもベネトンから名門フェラーリに移籍したミハエル・シューマッハ選手。シューマッハと入れ替わる形でベネトンへ移籍したジャン・アレジ選手&ゲルハルト・ベルガー選手の元フェラーリデュオもメルセデスエンジンを迎え新体制に移行したマクラーレンでも無く「シューマッハは名門とは言え落ち目のフェラーリで勝つ事が出来るのか?」と言うのがシーズン前の話題になってしまいます。
そんな'96年シーズン。開幕戦でジャック・ビルヌーブ選手がデビュー戦でポールポジションを獲得する鮮烈なデビューで幕を開けます。
レースではマシントラブルでチームメイトのヒルに優勝を許してしまいますけど、この一戦でジャック推しとなった方が当時は多かったと思います。


かく言うクマもその1人
(*´ー`*)

ドライバーとしてはドライビングにも言動にもムラのあるキャラクターで圧倒的な指示は受けられませんでしたが、ライバル不在と思われたヒルにシーズンを通して対抗できた事はF1関係者やファンからも軽視されがちだったインディ上がりのドライバーとして充分以上の存在感を示したと感じております。


これ以上語ると鬱陶しいだけなので、詳しくは本誌をご覧頂きたい所ではありますが、本誌恒例の何故かF1界の旬な話題を暗示してしまう現象は今回も健在。
勝ちきれないエースを若手新鋭のチームメイトが脅かす…



セバスチャン・ベッテル選手とシャルル・ルクレール選手の関係そのまんま
(; ̄ェ ̄)




結果この'96年シーズン、チャンピオンは獲れたにも関わらず新人への苦戦振りに評価を落としヒルはウィリアムズを離脱します。


不吉過ぎるでありますって
( ̄▽ ̄;)
スポンサーサイト




フォーミュラ1 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「我が街神保町に日が暮れて」とかいきなり言い出す初老さん | HOME | クマ的「日本GP観戦」2019>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |