FC2ブログ

また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

「なんでこんなに速くて強いんだろう?」と思ったマシン

既にカナダGPが幕開けしておりますが

伝統の一戦 モナコGPはダニエル・リカルド選手が逃げ切って今季2勝目。
不思議なくらいにルイス・ハミルトン選手×メルセデスが勝ち切れない中、セバスチャン・ベッテル選手×フェラーリの悲しくなるくらい安定した取りこぼしによってかなりな混戦具合となって来ました。
このままもつれ続けるのか?それとも見慣れた序列に収まるのか?
この夏はジリジリした感じで一戦一戦を観戦出来そうです。


今回のモナコ。ポールからトップを走り続けたリカルド選手、レース中盤からエンジンに不調を抱えながらの走行。終盤にはシフトチェンジも満足に行えない状況下で粘走してのトップチェッカー!
ゴール後の無線で「まるで1994年のシューマッハの様だったぞ!」とチームからの激励を受けていました。


新規定下で始まった1994年シーズン。
サンマリノGPでの悲劇を挟んで連勝していたミハエル・シューマッハ選手のシーズン初黒星は第5戦スペインGP。
レースの中盤でシフトチェンジが出来なくなったにも関わらずピットストップもこなして走り続けて2位表彰台を獲得してしまいました。
そのクルマがコチラ

GP Car Story Vol.24 Beneton B194
毎回思うけど、このシリーズの絶妙なタイミング…
この偶然って凄いなぁ!と思う次第。


'90年代に二大空力デザイナーと謳われたニューウェイさんとバーンさん。
1994シーズンの規則変更に際して空力を突き詰めたニューウェイ×ウィリアムズに対し空力と車体制御の落とし所を探ってレース戦略への運用性も折り込んだバーン×ベネトン。
あのシーズン、憎らしい程不思議に強かったドライバーとチームとマシンの秘密が垣間見える一冊でありました。
スポンサーサイト

フォーミュラ1 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<鹿児島ナイトで今晩は!^^; | HOME | クマ(元)社員の「あなたのお悩み解決しまSHOW!」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |