また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

クマ社員、空中庭園に遊ぶ

子供の頃に「世界の七不思議」的なネタにウットリしていたクマだったりします。
まぁ、近い世代の男子の皆さんなら多少はご共感頂けると思うんですけど。
ピラミッドや巨大な像等、大昔に於いて「一見の価値あり」と評された彫刻や建造物たち。その中の1つに「バビロンの空中庭園」があります。
砂漠の国に嫁いでくるお姫様の為に上から下まで緑豊かな庭園を宮殿の中に作って迎えた…
砂漠に大きなテラス状の庭園を作って草木を植えて水を循環させる…1人の女性の為と思うと「壮大なリア充」だと思われますが、当時のクマ小僧にはその壮大さがピンと来ない七不思議の1つでした。


前置きが無駄に長くなってしまいました
前回、カッコ良い表紙絵にツボを突かれてMyご朱印帳とすべく訪れた目黒にて見つけてしまった

この巨大な構造物。
首都高速道路4号渋谷線から山手トンネルへの分岐となる大橋ジャンクション。高架の首都高から地下トンネルへ一気に下る為の高低差をループで稼いでしまう強引にして豪快な設備。
バイクに乗り出してからちょいちょいお世話になっております。



確かこちらを建造をする際に緑化の為に草木を植えて公園にすると聴いたことがありました。
その名も目黒天空庭園
( ̄ー ̄)
そんなこんなで

潜入開始~!
(((o(*゚▽゚*)o)))


見取り図を見たら意外に広い。
更に隣接するビルにある区の施設に展示されていた模型

なんか凄い作り…

こんな具合に緑の多い公園になっています
何処まで続くのか見渡してみると

なだらかに弧を描きながら最上部まで続いています。



…ちょっとした山登り?
^^;





此方が最上段。柵の向こうは大橋ジャンクションの設備があるみたいでそこまでは行けませんでした。

目黒の街並みをながめて、振り返ると

首都高速からの分岐部。


あぁ、この足の下をいつもチンタラ走って後続に迷惑掛けてるんだなぁ…
( ̄▽ ̄;)

そんな事をチラッと考えてしまったダメダメ中年ライダー。
登るだけ登ったら次は円の中心にあたるスペースへ

エレベーターがあるのでスルスルっと降りてみます

人工芝のコートになってました。
それにしても下から見上げると壁の様に取り囲む建物のデカさがよく分かります。
大橋ジャンクションとしての建物の高さは35メートル、対してバビロンの空中庭園は調べてみると25メートルと言われています。
これだけ高いビルに囲まれた天空庭園でもその高さに木々に囲まれた公園がある事の迫力を感じてしまいます。。砂に囲まれた宮殿の一角に聳える空中庭園…


今頃になってその凄さが分かったような気がします
(*´ー`*)



さてさて
広場から一歩外に出ると

目黒川
お、これは…

ご朱印帳の表紙絵に似たアングル。
春に来たら面白いかもしれません。
辺りも暗くなり出して本日の寄り道終了。
バスにて三軒茶屋まで移動して

世田谷線

招き猫のラッピング


車内も…


もう、なんだかお腹一杯です。
(´∀`)
スポンサーサイト

お散歩のとれ高 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<流石に… | HOME | クマ社員の新しい煩悩が解放されました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |