また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

嚆矢~開戦を告げる鏑矢の事なんだとか。

3月になったもののまだまだ寒い日が続く東京です。

出かけに最寄り駅でお近付きになれました。
お誕生日おめでとう!


さてさて
お休みの午後ウロウロと出掛けたのは

新宿のピカデリーさん


コチラで

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち
第一章 嚆矢篇



2012年から2年間に渡りシリーズが展開された「宇宙戦艦ヤマト 2199」の続編にあたるシリーズがスタートしました。
大元のネタは、日本アニメ界において1つのブレイクスルーとなった「宇宙戦艦ヤマト」シリーズ。それを40年の時を超えて「直撃」世代と新時代の若いスタッフの皆さんによって現代のヒット作となりました。


宇宙戦艦ヤマトシリーズは、当時のアニメーションがターゲットにしていた年代より上の世代にも刺さる作品作りでファン層の拡大に貢献した作品だと言えますが、一方で商業価値が高まり過ぎて続編が続き徹底的に商業活用されたシリーズでもあります。
当時はそれを批判される事が多かったと記憶しておりますが、今やアニメーションの商業としての側面はファンの支持とスポーンサーによる投資によって成り立っていてファンの要望とお金があれば続編や劇場映画化などの制作が当然となりつつあります。


前後シリーズの中心スタッフの皆さんは、そんな流れに乗って続編を作る事に積極的ではなさそうでしたが、結果制作体制の交代や補強を経て今シリーズは立ち上がった様です。



クマ的には
「やっぱ(続編)作っちゃうよね~」
^^;

です。
もっともらしい事を考えて劇場に足を運びましたけど上映開始してしまえば夢中で観賞!です。
まぁ、当時も新作が発表になれば喜んでいたクチなんで今回もそんな感じで楽しめそうです!
♪( ´▽`)
スポンサーサイト

ただの与太話 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<季節は春! | HOME | クマ社員 衝動買いする>>

この記事のコメント

ヤマトですよねえ・・・。

コレは、当時の『さらば~』『ヤマト2』のリメークですねえ。

兎に角制作会社『XEBEC(ジーベック)』の下地社長が大の『ヤマト』大ファンで、前作もご本人の肝いりで作ったそうです。

作画の結城さんとかスタッフも良いので観たいとは思っていました!

TV放送に成ってから!!

2017-03-08 Wed 20:20 | URL | munezo1961 [ 編集]
コメントありがとうございます
故 西崎プロデューサーのもとで「復活編」を制作されていた小林誠さんが副監督として参加されていました。
最早、只のリメイクでは無く新世代の「宇宙戦艦ヤマト」として立ち位置は確立されてるのかな?と思ってしまいました。

「ヤマト」直撃世代の方々が制作されているので上映開始〜ナレーション〜白色彗星の流れはちょっと鳥肌モンでした。
今回も旧作リスペクトに終わらない見応え満載な作品を期待して過ごしたいと思います。
2017-03-09 Thu 13:01 | URL | クマ社員 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |