また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

穏やかに見えて結構強烈!^^;


冬の晴れ間。


穏やかなそよ風に誘われて

観に来たのは

この世界の片隅に


公開時はノーマークだったんですけど、なんか周りでやたら評判が良くてついつい観に来てしまいました。
戦時下の日本、ありふれた女の子のありふれた生活…それでも直面する現実は苛烈を極めてチクリと棘があったりする…なんとも不思議な映画です。


ヒロインの声優を務めた若手女優さんでも話題になった作品ですけど、画面が水彩画の様な淡いタッチで舞台となる呉の町がとても柔らかそれでいて臨場感満点に描かれています。



観ていて思ったのはとにかくギャップの多い作品だな!と
戦時下の厳しい時代の話なのにどこかほのぼのしていたり、人間味あふれる登場人物達で絶対的な悪者は登場しないけどその運命は厳しかったり…
鑑賞中ホンワカしたりズキっと来たりを繰り返しておりました。



そんな感じで戦中の人間ドラマとしての人気なのか客席はクマと同世代…と言うよりお兄様お姉様世代の方々が多くて
ワシ、アニメ映画を観に来てんだよな
^^;

と回りを観てそのギャップを面白がったりしておりました。
スポンサーサイト

ただの与太話 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<2月のお知らせ! | HOME | SVさんと一緒!「海辺の風を切り裂いて」の巻>>

この記事のコメント

これ、見たかったんですよ。
年末、テレビで紹介された時すでに終わる予定で、
それが延長されて、行きたい!と騒いだのですが
旦那が乗り気じゃなくて行けませんでした。
なので、まだ上映してますがテレビ待ちです(笑)
紹介していたアナウンサーさんが「気が付いたら泣いてました」「ホンマに日常なんですよ」とおっしゃってました。
2017-02-08 Wed 02:43 | URL | mukomi [ 編集]
コメントありがとうございます


評判の良さに誘われて観てしまいましたが、兎に角「刺さる」作品でした。
女優の「のん」さん演じる主人公がとても魅力的で、物語の進行と共に彼女の視点に寄り添うに観賞してしまいました。
気が付けばすっかり話題作。


少しの辛抱でTV観賞も出来ると思います。
その時はご夫婦で可愛らしい主人公夫婦の物語を楽しんでは如何でしょうか?
2017-02-08 Wed 18:24 | URL | クマ社員 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |