FC2ブログ

また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

初老さん四半世紀前の感動に我を忘れる

土曜日の仕事帰りに

青山のホンダさんに寄り道。

ちょっとネットでこんなイベントを知りまして…


と、同時に

日本のハコ車で最高位のレース「スーパーGT」に参戦しているあるチームのスポンサーからこんなリリースが出されまして、特に国内でのホンダのモータースポーツ活動を応援する方々が少しザワついた週末出会ったりもする中…

初老さん
ウットリNSXのル・マンカーを眺めて10周位車の周りを回ってました
^^;




HONDA NSX GT2 TEAM KUNIMITU
いゃぁ堪らん…
(*´ー`*)


1992年にF1でのエンジン供給活動を休止したホンダ(とは言っても関連会社の無限と開発を行い活動を継続していたんですけど…)、北米マーケットへのプロモーションもあってアメリカのレース、インディへ参戦します。
そして1994年唐突にホンダによるル・マンプロジェクトがスタートします。


前にも「何故かル・マンカーって好きなのよね」的な与太話を認めた際にもダラダラ語っておりますが、高橋国光選手のチーム国光が走らせ、2年目となる1995年にクラス優勝を飾ったのがこのマシンです。
以後、クマにとって「NSX」と言えばこの車両のイメージが強く市販車モデルの印象はとても弱くなってしまいました。


その後、チーム国光とNSXは戦う場所をスーパーGTの前身全日本GT選手権と言うレースに参戦。
1997年からスポンサーの一つだった自動車部品メーカーの主力ブランドをタイトルスポンサーとして走らせていたのが「レイブリックNSX」

コチラはNSXとしてよりレーシングハコ車両としてフェイバリットな一台。
ハコ車をレース車両に改造しました!と言うより、レース車両をF1レベルのエアロダイナミクスでデザインしてみた!的な大人気ない感じが何とも言えません。


そんなレイブリックNSX、スポンサーをされている企業がブランドを統一する為「レイブリック・カラー」での参戦は今シーズンで終了するとの事。若干の寂しさはあるもののスポンサー活動は継続されるそうで来シーズンもチーム国光とNSXの活躍は続くとの事なので一安心。


暫く、遠ざかっていたカテゴリーなんですけど…
来期あたり久し振りに観に行ってみようかしら
(*´ω`*)



とかなんとか恐ろしい事を考え始めております。



追記:先週末富士スピードウェイで行われたスーパーGTの最終戦にてレイブリックNSXが優勝!
同時にシーズンチャンピオンを獲得したとの事。


ちょっと鳥肌立っちゃった
(≧∀≦)
スポンサーサイト



ただの与太話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT