FC2ブログ

また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

大都会の彷徨い人~その足跡を探して


暑中お見舞いもなにも梅雨が明けぬまま残暑の季節を迎えそうな東京です。



さてさて

前回の日記に認めておりましたジブリ作品のイベント上映でもののけ姫を観賞した初老さん。
そう言えば出しそびれていた徘徊ネタがあったのを思い出しまして。ここでやっつけちゃう事にさせて頂きましょう!

もののけ姫
コチラの「ある意味」ラスボスが

でぃだらぼっちさん
昼は森の命を司る「シシガミ」さまで、夜は森を育てる「でぃだらぼっち」さんとして広大な森を歩き回っているそうです。


でいだらぼっち、「だいだらぼっち」と呼ばれる事が多い巨人さん。
国造りの神々への巨人信仰が変化して生まれ、地質学未発達の大昔、地形が織り成す不思議を「巨人が国造りを行った痕跡」として伝承されて来たそうです。


例えば、富士山を作る為に土を取られて甲府盆地が出来上がった。
とか
だいだらぼっちが手を突いて泣いた後が浜名湖になった。
とか、中々のスケールでご活躍されております。


そんな中、東京にも「だいだらぼっち」伝説が有るそうで、世田谷の代田はその地名がだいだらぼっちさんから来ているとする説があるんだとか。
実は今年のまだ寒い時期に「北沢川チャレンジ」の日記を認めた際に「だいだらぼっち川」なる支流があったのを知ってちょろちょろ調べてみたりしておりました。


代田と言えば、クマ的お花見スポットがある代田橋駅や汁なし坦々麺を食べに行く新代田駅等で長くお世話になっておりまして、そんな伝承に気づいて無かったのは勿体無い話。調べてみるとその2つの駅を結ぶ環状7号線に「だいだらぼっちの足跡」と言われる窪地が有るとの事なので

代田橋へ。ここから新代田駅に向かう途中

羽根木と言う交差点から先に緩やかに下って登る区間がありその窪地が「足跡」と呼ばれているみたいです。

先ずは窪地の底になる場所へ。ココを爪先として写真の方向に足跡があると…
通りの向こう側へ

少し歩くと閑静な住宅街。元小学校だった施設の先は

一気に下る谷になっていて

この谷底が踵に当たる場所。

調べていて見つけた街歩きされている方々のブログで語られる踵の跡がこの場所らしい…


結構大きい!
(*⁰▿⁰*)



まぁ、
実際歩いたクマにはそのスケールは理解出来たんですけど文章力と写真技術じゃご理解頂けないと弁えております故。

地図アプリの航空写真を拝借してみました。
こんな足跡なんじゃないかと思われます。
(あくまで想像図なんでけど)


さてさて、折角ここまで来たのに勿体無いから

新代田駅を越え

そのまま

駅前を工事中の

小田急線の世田谷代田駅に到着。


一説によると、この駅前の整備に合わせて「だいだらぼっち」さんの足跡を象ったモニュメントを設置する案もあったんだとか。
実際どうなるのかは分かりませんが、整備が終わった頃にまた来てみたいと思います。
スポンサーサイト



お散歩のとれ高 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT