FC2ブログ

また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

水増しカミングアウトSVさん編「そんな初老(だめだめオーナー)の社会科見学」

だめだめオーナーの懺悔録、前回、なんとかバッテリーが復活してエンジンの再始動に成功した我が愛車。ユーザー車検に希望の光が見えて来たのでそこら辺の準備も始めておりました。


これまではバイク屋さんに丸投げしていたので 車検の受け方自体からお勉強しなくてはいけません。ネットで色々情報を漁って、実際にチャレンジした方のブログや動画を繰り返し拝見して色々と学習。


バイクの車検を受けるのに必要なのは
・車検証
・軽自動車納税証明書
・自賠責保険証
・継続検査申請書
・自動車検査証
・重量税納付書
・OCRシート(記入した内容を車検証に転記する為の光学文字認証シート)
こんな感じ。コチラを揃えて必要事項を記入捺印の上最寄りの陸運局で検査を受ける。と言うのが大まかな流れ。
で、「継続検査申請書」と「自動車検査証」「OCRシート」の書式は陸運局で貰えるんだとか。クマの最寄りの陸運局は品川の鮫洲。



と言う事で

下見でもして来るかな!
(*゚▽゚*)

と、近辺で仕事して早上がりになった日に寄り道して来ました。



やって来たのは関東運輸局 東京運輸支局
で、ちょっと複雑な話なんですけど鮫洲の運転免許試験場に隣接して自動車技術総合機構 関東検査部があり自動車検査証の継続検査を行なってくれるんだとか。



早速侵入

必要な書式を頂戴して

実際車検を受けに来た時に困らない様に探検スタート
d( ̄  ̄)


若かりし頃彼女とのドライブに際して目的地への下見を欠かさなかったタイプの小心ソウルの持ち主なのでご容赦頂きたいところ。
^^;



コチラの大きな屋根の建物は検査ライン。
四輪車ですけどラインの見学通路があるとの事なので…


当然の如く見学させて頂きました!
d( ̄  ̄)



ライン内は撮影禁止との事で写真は遠慮させて頂いたんですけど、検査官に書類を渡し灯火類の確認などをした後は案内に従ってライン上で各検査を受けます。途中上手く行かなかったりすると検査官がアドバイスから受けることが出来る様です。
見ているとハイビームの光軸が難関みたいで、そこで引っかかってしまう車が何台かいらっしゃいました。
事前にブログなんかで読んでいたのでバイクでも光軸検査は定番みたいで分かっていたつもりなんですけど目の当たりにして心が折れかけたのはココだけの話です。
(; ̄ェ ̄)


そんなこんなで社会科見学という名の「敵地」視察は終了!

近くのイオンでお洒落なスパゲッティとか頂いて愛車復活への決意を新たに家路に就きました。


なんだかんだでその決意はひと月程寝かせておく事になるんですけどね
^^;

スポンサーサイト



モーターサイクル | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |