FC2ブログ

また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

水増しカミングアウト~そんな初老のスタンドバイミー

年末年始に職場でインフルエンザが猛威を振るって煽りを全身に受けている52歳の新年です。
年末にひとネタあるんですけどそれはまた追々。



って言う事で…



新年だしちょっとぶっちゃけちゃおうっかな~!
( ̄Д ̄)ノ




昨年の夏に恒例の北海道への旅報告をしておりしたが、実は詳細をご報告しておりませんでした。



実を申しますと…

父を弔って参りました
( ̄^ ̄)ゞ

(写真は斎場帰りに通りがかった石狩の景色)



一昨年の秋頃に誤嚥性肺炎で体調を崩し年を跨いで小康と急変を繰り返しておりました
いやぁ、昭和一桁頑張ったねぇ
(*´ー`*)



クマはこの手の話題は苦手なので本当は日記に認めるのは憚られたんですけど、ちょいちょい見舞いを口実に札幌でプチ徘徊を繰り返していたので
ご報告はしないといけないかな…と
何よりも水増しネタになりそうな話も仕込んでしまったので…
勿体無いかな?とか罰当たりな事を思ってしまった次第。


前にも少しお話しさせて貰っておりますが、結構フリーダムな我が爺さま、脱サラして北海道で暮らし母とも離婚して札幌で出会った女性と再婚して余生を現地の人として過ごして大往生。
クマ達家族は東京から札幌に渡って葬儀に参列することになりました。
ま、葬儀自体は喪主である継母が執り仕切りコチラで出来る事はあまり無い状態で助かったりして。
しかし無事お通夜も終わったトコロで問題発生。
通夜の晩に灯り番として葬儀場に泊まれる男衆が諸般の事情でクマと兄グマの2人きりになってしまいました。


コチラも身内の恥を晒す様で申し訳有りませんが、4年くらい前から兄とは音信不通状態でおりました。
まぁ、色々あるんスよ。ヤロウとは…
( ̄▽ ̄;)


葬儀が終わって参列者も職員の皆さんも帰ってしまった葬儀場。
棺の前で故人の思い出話を肴に夜を過ごす。
お風呂も布団も用意してあるので交代で休むなりして朝まで…


さっきまでご遺体があった応接間に敷かれた布団って…


無理でありますって
(; ̄ェ ̄)



そして、クマ以上にこの手の事に繊細な(要はビビリなんスけど)兄グマ…



イヤでも2人顔を突き合わせて朝まで過ごさないといけないのであります
(−_−;)



線香の灯りを見守りつつ思い思いにビールを飲んだり食事をしたりして過ごす静かな夜…
色々面倒臭くて相手にしたく無いのにも関わらずグイグイ来る兄グマに辟易としながらも、棺桶で眠る主人公の事をつらつらと話してみたりして朝を待つ。


ちょっと不思議な体験をしてしまった初老さん…
父親を亡くした事よりもそちらの方が興味深かったと言う…
罰当たりなネタをカミングアウト。
そして喪中の為新年の挨拶を控えさせて頂いた無礼をお許しください。

どうぞ今年も宜しくお願い申し上げます。
スポンサーサイト



ただの与太話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |