FC2ブログ

また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

まぁ、男臭い!( ̄∇ ̄)

薄っすらですけどモータースポーツ好きな初老さんなので観てまいりました。

フォード VS フェラーリ
’60年代の中頃にイタリアのカリスマメーカーとアメリカの老舗がレースの世界で行ったガチンコ対決の史実に擬えたハリウッド映画!


ハリウッド映画だから…って事でも有りませんがアメリカ=フォードに携わった漢たちが主人公です。
上映時間が2時間半もある大作なんですけど演出のメリハリが効いていて最後まで楽しく観賞出来ました。


とは言っても実在の人物達が目白押しのドラマなので主人公の2人にだけ物語をフォーカス仕切れて無い感じで、ちょっとだけ食い足りない感じ…
それでもドライバー役の役者さんがなかなかの快演!
後から調べたらバットマンのダークナイトシリーズで主役を演じられていたクリスチャン・ベイル氏なんだとか、アメリカン・ダークヒーロー物ってあまり観た事無いんですけど…俄然興味が湧いてしまいました。
物語としては1966年のル・マンがクライマックス。
モータースポーツファンの名作と言われる「栄光のル・マン」はこの物語の4年後、ポルシェとフェラーリの一騎打ちとなったレースを舞台にして創作された物語(ここでもフェラーリがライバルなのね)。



…とかちゃんと観てた感を出しまくりな感想文とか認めておりますが…




フェラーリ330のめんこいさったらもう!
(●´ω`●
)




薄気味悪さ全開でレーシングカーのフォルムに見惚れて観賞していたのは…
ココだけの話です
^^;

スポンサーサイト



突然開催!ひとり映画祭 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT