FC2ブログ

また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

天文少年にはなれなかった子グマが見上げる星空のお話。

ちょっとグッタリなお休み
お疲れ気味だったのか本当に午後までグッタリ…
「これじゃマズいな…」とか何時ものパターンでお出かけします。


結果、映画鑑賞…

アド・アストラ
ブラッド・ピッド氏主演のSFサスペンス。
宇宙の果てで消息を絶った父親を探す為に旅立つ息子の物語…
とてもアメリカ的なSFとサスペンスと父と子の繋がりがてんこ盛りなのにも関わらず淡々と静かにドラマが展開されて行きます。


実は前回観たかった作品だったりします。
色々、批評とか見ると中々厳しい評価が多いみたいで…
ま、クマ的には、出演されている俳優さんのファンとかでも無く(あ、でもお父さん役のトミー・リー・ジョーンズさんは興味アリアリでしたが…)、監督や脚本家の方々に注目しているわけでもありません。

予告映像で主人公が向かうのが「海王星」だと知って、その事だけで観たい映画リストに入っておりました。

海王星、太陽系の第8惑星で1番外側を公転する惑星で、地球の17倍の質量を持つガス惑星。
太陽系の外側って言うだけでなんかワクワクしてしまいます。
なんか最果て感が堪らないっていうか…
(*´ー`*)



はるか昔、クマ小学生の頃、授業に
「3分間スピーチ」をやってみよう!的なのがあって毎週数人ずつ黒板の前でスピーチを行うって言う…数回やって終わったので正規のカリュキュラムでは無かったんだろう授業がありました。テーマはフリーなので昨日見たTVの話や家族の話に友達の話なんてのをクラスメイトの前で3分間話すなんて当時の小学5年生にはハードルが高めで、まぁ基本グダグダ。大抵は先生が合の手入れて話を促したり3分保たないと判断していい頃合いで切り上げてくれたりしてました。中にはちゃんと原稿を用意してしっかり話す人も居ましたがクマは前者の方で恥ずかしがって黒板の前でクネクネしていた記憶があります。


何故かそれが悔しかったのか、「なんかちゃんとスピーチして皆んなを驚かしたい!」くらいの事を思う様になっておりました。
ちょうどその頃「宇宙戦艦ヤマト」だ「銀河鉄道999」だにハマっていたクマ小学生は「宇宙」に軽くかぶれていて「なんか宇宙の事を話して自慢してやろう」的な事を思いついてしまいました。
当時のクマ家には古い百科事典があってそれを引っ張り出して読み出して「月の事でも調べてみよう」と学習帳の隅に百科事典の月の解説を書き出してみたら…


結果丸写し
^^;



そしたら興に乗り出して…
太陽系の惑星全てを調べ出しておりました。
^^;


しかも全部丸写し
( ̄▽ ̄;)




そんな調べた惑星の中で天王星と海王星、冥王星(当時はまだ惑星扱いでした)は資料も少なく未知の惑星感が半端無くて丸写ししてても具体性にかけて小学生レベルでは理解出来なくて
結果、「天王星、海王星、冥王星はこれから調査される惑星でナゾが多いです」位の頭の悪い内容でまとめた記憶がありました。


そんな40年以上前の記憶が刺激された今作。
クマが期待した海王星を舞台にした活劇こそ見れませんでしたが、主人公が消息不明だった父親の足跡を辿るゴールとして象徴的に描かれておりました。それだけでも観た甲斐がある作品でした。



さてさて最後に、3分間スピーチ。
最後の授業でわざわざ立候補したクマ小学生、ビッチリ書き込まれたメモを全て朗読するスタイルで話し始めたトコロ…


3分どころか20分くらい永遠と話しておりました。
^^;

クラスメイトは喜んでくれました。先生は褒めてくれたけど苦笑いだった事を薄っすらと記憶しております。
(*´ー`*)

スポンサーサイト



突然開催!ひとり映画祭 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |