FC2ブログ

また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

気楽に鑑賞させて貰う分には面白い

またまたバダバタしておりました。
バタバタしている間に期間限定上映のコチラが公開されていたので…

宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち 第6章「回生篇」



名作アニメのリブートも遂に終盤。
前回の終盤、遂にヤマトと白色彗星帝国本陣の直接対決!かと思ったら一転…そんな展開からの今章。
次回最終章に向けてヤマトには一回退場してもらい、地球とその地球に複雑な事情で共闘するガミラスそして白色彗星帝国「ガトランティス」の戦いにフォーカスを合わせて「侵略する側される側」それぞれの情勢を深く掘り下げた内容になっていて…



ぶっちゃけ…クマには合わないかな…みたいな?
(; ̄ェ ̄)




前章公開時に「ラスト5分が衝撃的」みたいなコピーが躍っていて、実際衝撃的でこの内容がファンの間で賛否両論だったとの事。
一般的には、旧作ファンは否定的で新作からのファンは肯定的らしいです。
確かにクマはそうなのよね…
前作「宇宙戦艦ヤマト 2199」は現在のアニメーション技術で名作を復活させるのをコンセプトに設定や人物描写に深みを持たせて旧作のファンをフォローしつつも今のアニメファンが観ても面白くなる様な舵取りがされていたなぁと感じているんですけど、今シリーズは才能豊かな作家さんと実力あるスタッフの皆さんで作り上げられた「壮大な2次創作」に思えて来ました。



とにかく「愛」をテーマにすべくやたらと重いものをキャラクターに背負わせて伏線を膨大に張っていらっしゃるな…と
^^;



「アンドロメダ」カッケーなぁ!
とか
「彗星帝国の駆逐艦って地味だけど好きなのよね!」
とか
「コスモタイガーは単座も三座も捨てがたい」
みたいなオッさんには胸焼け気味なんですわ
σ(^_^;)




ここまで来たら「最終章 新星篇」までしっかり見届ける所存であります
( ̄^ ̄)ゞ
スポンサーサイト



突然開催!ひとり映画祭 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |