FC2ブログ

また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

お腹が空くアニメーションとは?

ここ数日続いた雨ですっかり肌寒い東京です。
そうは言っても湿度が高かったり日差しが強いと汗ばんだり…
ちょっと着るものに困る日々。



基本、可能なら11月まで半袖で過ごしたい肥満児51年生なんですけどね!
(〃ω〃)




そんなんでそぼ降る雨の中半袖でお出かけ!

「ようこそ!」と勝手に脳内変換させて貰いながらの

東京都三鷹の森ジブリ美術館
説明不要な位有名な東京名所の1つ。
ジブリアニメ好きやジブリ的な作品が好きな人が訪れる聖地とも言えるアニメ文化の美術館。


少し前、偶にお邪魔しているゆささんが見学されていて急に行きたくなってしまいました。



急にとは言いましたけど、コチラを見学するのはちょっと難易度が高め…
月毎に前売り券が発売されるんですけど発売開始と同時に瞬く間にチケットが捌けて行くそうです。
特に土日や祝日、夏休みとかは瞬殺なんだとか。
平日の早い時間や遅い時間は比較的取り易いらしいんですけど、それすらも外国からいらっしゃる観光客の皆さんに人気で
「あ、明日行ってみるか!」みたいな乗りでは中々見学が叶わない場所となってしまいました。
ましてやここ数年のクマは一月先の休みを決める事などほぼ不可能で、辞める直前は来週の休みすら分からない中で働いておりましたのでかなり久しぶりの訪問です。
その気になればいつでも来れると思ってついつい10年以上もご無沙汰しておりました。なので今回もチケット購入は8月の中ぐらい。9月は連休も多くて中々行ける日が無くて苦戦しました。


それにしても変わらず、訪れた人を笑顔にする美術館。


雨も気にせず屋上の守り神に御目通り!


さてさて、今回のお目当ては企画展示「食べるを描く。」です。

ジブリ作品好きの皆さんにはご同意頂けると思いますが、ジブリ作品の魅力の1つにストーリーやキャラ描写と並んで「食事シーン」が挙げられるのではないかと思います。
やたらとシズル感高めに描かれた料理をキャラクターが皆其々、美味しそうに食べる様はどんなシンプルな料理でも架空の…味すら想像出来ない料理でも観賞しながら思わず食べてみたくなる物ばかり。
そんな食事シーンを原画や絵コンテを展示して、描写の意図や動きの解説しながら魅力を再確認する内容になっています。アニメの食事シーンの詳細なメイキングかと!
更に凄いのは、作画素材の展示だけではなくアニメに登場した様々な食べ物が食品サンプルとして
展示され展示に奥行きが出て、更には「サツキちゃん(となりのトトロ)家の食卓」と「タイガーモス号(天空の城ラピュタ)の厨房」が再現されていて大人気でした。


落ち着いてからは上映室土星座へ

今回の上映作は「めいとねこバス」
ジブリの代名詞にして美術館のアイコンでもある名作「となりのトトロ」の後日談風の作品。開館してから少し経って公開されたのに今だに不動の人気を誇る一本です。


「となりのトトロ」の頃から少し大きくなったメイちゃん、相変わらずご近所の「もののけ」さん達が見える様で、ある日猫バスの子供に出会ってしまって…


そんなストーリー
観るのは初めてでは無いのに見入ってしまいました。
興味深かったのは上映中、絶えず観客の皆さんから笑い声や驚きの歓声が上がり続けた事。
14分と短い作品の中に詰め込まれた感情を皆んな楽しんでる感じ…小さい子達が大騒ぎするのも逆に心地よい
「昔の映画ってこれ位皆んなで大騒ぎしながら楽しんでたのかもな…」
とか思ってしまいました。


そんな事を思いながら雨の中帰宅となりました。

当然、企画展のパンフレットを購入。


読み返して
「やっぱりアレ食べてみてぇなぁ!」
(*´ω`*)

とか思ったりしたのは言うまでもありません
d( ̄  ̄)


因みに
クマ的、歴代ジブリご飯No.1は

コチラのあんまん。
ちょっと印象的なシーンに使われてるのもあるんですけど、千ちゃんの食べてる描写が動きや音も相まってとても柔らかそうで美味しそう。


TV放映やDVDを視聴する際には必ずお供にあんまんを用意している次第であります!
スポンサーサイト
ただの与太話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT