FC2ブログ

また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

みんな大好きカミカゼ右京!Part2

一年前におんなじタイトルで与太話を認めていました。
今回はコチラ

Racig On 特集 片山右京
F1に限らずモータースポーツ全般に於いて読み応えのある特集を組まれていて、興味のある特集だと入手しております。
今回は元F1ドライバー片山右京さんを特集。


内容としてはF1ドライバー時代だけではなく、それこそ幼少からモータースポーツへのめり込んでいく過程と国内で頭角を現しフランス武者修行への旅立ち…というF1前史とも言える時代とF1引退後から現在までにもページが割かれていて、F1ドライバーだけでは無く人間的な魅力に焦点を当てて居ると思われます。
この本誌の特集に、昨年入院時のお供にさせて頂いていた

GP Car Story Vol.14
Tyrrell 022

コチラでのインタビューによる「覚醒」と形容される程研ぎ澄まされていたF1での絶頂期と
初夏に拝読させて頂いた

GP Car Story Special Edition minardi
ミナルディでのキャリアにおける対談とインタビューでF1でのラストシーズンを…


全て合わせるとかなり濃密な片山右京ワールドになります。


現役時代の右京(選手)の魅力と言えば小柄で実直でいてひょうきんな若者が実は無茶苦茶負けん気が強くてスイッチが入ったら手がつけられなくなる…とにかく人間として面白い部分が多くて応援せずには居られない…そんな言葉にすると大した事では無いけど惹きつけられるものがありました。


記録よりも記憶に残る…そんなドライバーが日本人F1ドライバーに存在する事は日本におけるF1の歴史も満更じゃないなと思わせて貰えます。
スポンサーサイト



フォーミュラ1 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |