また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

この年末に個人的なカミングアウト!

あの…
もう時効だと思うんで告白させて頂きます。
昨年末、絶賛入院中だったでお馴染みのクマ社員。
大晦日の日に皆さんへのご挨拶日記を上げさせて頂きました。
でその際

こんな写真を添えております。



…_φ(・_・



これって住処の側で撮った写真なんです。
実はクマ社員、昨年の大晦日に1日だけ外泊をしておりました。
^^;
手術後、年内の退院を予定していましたが手術痕の治癒が遅くて年明けまで様子を見ることになって言葉を失っていると
「患部をしっかり固定するなら大晦日だけ外泊を許可するので、自宅でゆっくりして来てください。」と主治医が見かねて提案してくれました。

まぁ、戻っても身体の自由が効かないので溜まった郵便物を整理して部屋でぐったりしたクマ病人。
もう不安で不安で…
^^;



じゃあさ、何故に外泊したのさ
(−_−;)


あの~昨秋こんな与太話を認めさせて貰ってるんですよね…

…坂本真綾さんのカウントダウンライブのチケットが手元にある訳です。



…_φ(・_・



当然、行きましたね
d( ̄  ̄)





そりゃ、当時日記に認めるのは憚られるわな!
(−_−;)




もう、傷口悪化させたり風邪なんか貰ったら折角送り出してくれた病棟の皆さんに申し訳ないですからね。
それでも行かなくてはいけない時が漢(おとこ)にはあるのさ!
( ̄+ー ̄)




ホント看護師さん達ごめんなさい!




妙に肌寒い夜だったので、かなりの厚着にマフラーマスク完備で歩幅も小さくゆっくりとした足取りで階段も一歩一歩慎重に…
大晦日の静かになりだした町をライブ会場に向かっていました。

間も無く新年を迎える…そんな中、検査結果への不安や無理にも程があるライブ観賞への罪悪感やら不自由な身体の情けなさと言ったマイナスの感情が渦巻いていました。

ところがライブが始まって坂本真綾さんの歌声が聴こえて来た瞬間少し気分が楽になりました。
まぁ、座席にお行儀よく座っていたんでノリノリのライブには程遠いんですけどね。
そして迎えたカウントダウン。
まだまだ、漠然した不安は残っていましたけど歌声を聴き続ける内に身体の奥が温かくなって来て、幸せな気分でライブ会場を後にする事が出来ました。

翌日何事も無く(無かった様に)病室に戻ったクマ社員。

なんと患部がキレイに治癒し始めておりました。


あれだね。
真綾さん!真綾さんの歌声は傷口癒す威力だよー!
o(^▽^)o


そんな学説を主張して1年前の己の下らない行動を告白。



まぁ、こんな奴なんですけど見捨てず来年もよろしくお願いします。
皆々様良いお年を!
♪( ´▽`)
スポンサーサイト
ただの与太話 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT