また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

そんな事もあるんだねぇ(´・_・`)

さてさて
先週、アゼルバイジャン共和国で初開催されたヨーロッパGP

F1速報 ヨーロッパGP
ところが日本のモータースポーツ界はこの初開催GPも吹っ飛ぶ事件が発生しておりました。

ル・マン24時間耐久レース
なんと日本のトヨタが24時間レースの残り数分までトップを快走していたのにいきなりのスローダウン。ライバルのポルシェに優勝を奪われてしまいました。


もうね、残り1時間位からCS中継を観戦してたんですけど解説のコメンタリー陣もトヨタのピットで観戦されてる方々も祝賀ムード!
無理も無い話でトヨタのル・マンチャレンジは苦い記憶ばかりで最後の最後まで攻め続けても勝利に届かない歴史でした。


なんだかル・マンの勝利の女神にだけ一方的に嫌われているかの様
^^;
思い出したのは逆の立場で終盤まで勝利を諦めずにトップの車を追いかけ回した1999年のTS020×片山右京選手!

(拝借しております)
天邪鬼なクマ社員、トヨタのモータースポーツ活動って余り応援した事がありません。
^^;
それでもあの時は
「見せてやれ右京!」
(≧∇≦)

と思ったモンです。


とにかく今回の残念な結果がトヨタのル・マンチャレンジに水を差さない様願っております。
また、ル・マンの女神様がツンデレでらっしゃる事を切に願っております。
「まだまだ、トヨタにイイ顔なんかしてあげないんだから!」
そんな感じで…(ツンデレされた事がないので良く分かってないんですけどね)
^^;
スポンサーサイト
フォーミュラ1 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT