FC2ブログ

また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

やっとこさっとこ9戦目

休暇中に観賞していたのですが…


祝Perfumeメジャーデビュー10周年クマ社員の個人的10番勝負の9戦目

Perfume ANNIVERSARY 10days 2015 PPPPPPPPPP 「LIVE 3:5:6:9」
昨年、東京と広島で行われたメジャーデビュー10周年イベント。10日間の内5日目から行われた東京4公演と広島の2公演のワンマンライブのソフト化です。
それにしても意味不明のタイトル「3:5:6:9」。実際ライブがスタートして最初のMCで発表になるんですけど当字でスゴロク(双六)という意味で、中盤のセットリスト候補に9曲用意し番号を割り当ててその場でサイコロを振って5曲を選曲してしまおう!というスペシャル企画を意味しておりました。


で、その際使われたサイコロが第3戦時に実物を拝んでいたコチラの10面体サイコロ

コチラをステージ上で転がして出た目に割り当てられた曲を出た順番でパフォーマンス。
曲目は通常のライブでは今や殆ど歌われなくなった広島インディーズの頃のナンバーや最近のモノまで幅広くサイコロを振る度観客一同で大歓声!なんてのを思い出してしまいました。


それにしてもクマの拙い文章で書くとそのスペシャルさが垣間見えなくなってしまいますが、事前に候補が決まっているとは言えセットリストがランダムなのは複雑なダンスフォーメーションや映像や大道具や照明などの特殊効果が売りのPerfumeの皆さんのライブではかなり大変な事だと思うのですがメンバーのお三方は楽しそうにパフォーマンスされておりました。



昨年観賞したワールドツアーのドキュメント映画を観て妙に納得してしまったのは、各国でのリハーサルやライブ直後の反省会で構成を練り直してセットリストを組み替えるシーン。
その日の観客の反応や彼女達の手応えを反映して順番を変えたり新たに取り入れたりして立ち位置等の振り落しを即座に行っていて職人技を見る思い。
ある程度の曲数をフリや演出などをパッケージとして用意してはいたのでしょうけど物凄い機動力だなと。

そんな機動力を武道館という大舞台で見せて貰えた幸運を再確認した次第。


そんな武道館ライブのスゴロクコーナーで更に我々を楽しませてくれたのが曲毎に提示される指示書。

Perfumeのお三方への演出上の注意に見せかけた観客への見どころ紹介。曲目が決まる度に大型スクリーンに表示され360度舞台の何方を向いて歌うか決める所までがこのコーナーのシークエンス。
そんな指示書が今回の封入特典で実際に参加出来なかった公演も疑似体験出来てしまいます。

やっとこさっとこ9戦目…の続きを読む
スポンサーサイト



僕の鼓動は音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |