また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

「ミカ×シュー」時代と言われた事もありました

ご無沙汰をしております。



あいも変わらずダラダラと忙しい日々です。
先ずはコチラで何とか気力を補充。

F1速報 モナコGP & インディ500
佐藤琢磨選手のインタビューでその快挙を反芻し、出来過ぎなくらいのセバスチャン・ベッテル選手の快勝に思いを馳せておりました。


正直、予選でキミ・ライコネン選手がポールポジションを獲得した段階で
アイスマンが久々の勝利をモナコで挙げたらカッコ良すぎだろ!
(≧∀≦)

とかワクワクしておりましたが…
セブってば…
^^;




F1速報 カナダGP
一方、カナダはメルセデスのルイス・ハミルトン選手の独走!
今シーズンの「×」対決はまだまだこれから!って感じでしょうか?楽しみ倍増!です。


そんな中、愛読誌の1つの最新刊

GP Car Story Vol.20 Ferrari F1-2000
皇帝 ミハエル・シューマッハ選手フェラーリでの初戴冠マシンにしてその後の最強体制の石杖となったマシン。



デザインはベネトンチームで野暮ったいけど個性的で何処かカッコ良いクルマを作り続けたロリー・バーンさん。そのロリーさんが一転フェラーリで作り出したのは流麗なフォルム…
スターファイターみたいなんて評を当時聴いた事があります。
時代的にライバルと謳われていたエイドリアン・ニューウェイ先生の「エッジが立つまで無駄なものを削ぎ落とす」空力と違って 「風を纏うべく」磨かれた空力はベネトン時代からの延長線上にあってとても魅力的…



でも嫌い!
( ̄Д ̄)ノ




このクルマによってマクラーレン=ハッキネン×フェラーリ=シューマッハのライバル対決は終わりを迎えてしまいます。前に大興奮の内に読了したMP4-13から始まったマクラーレンとミカ・ハッキネン選手の連覇は瞬く間にねじ伏せられてしまいました。
その翌シーズン、フェラーリは駿馬に磨きをかけて連覇。マクラーレンとメルセデスは開発を急ぎ過ぎてトラブルを連発、ハッキネンは闘う気力の低下を実感し事実上の引退となる休養を選択します。



そういう意味でもミカ・ハッキネン選手がキャリア終盤で放った輝きを留める一台としても読まずには居られない一冊。
今シーズンの「×」対決が盛り上がる前にあの頃に暫し思いを馳せている次第であります。


20年近く経って赤=フェラーリを応援している節操の無さはココだけの話です
^^;

スポンサーサイト
フォーミュラ1 | コメント:0 | トラックバック:0 |

たっくんありがとう!


太陽が黄色いサ…
( ̄▽ ̄;)




さてさて火曜日の朝でございます。
先週末は伝統と格式の「モナコGP」が開催されておりました。
そしてそしてモナコGP、ル・マン24時間耐久レースと並んでモーターレーシングのビックイベント「インディ500」が今年は同日の開催!
更に今回、このアメリカのビッグレースにF1トップドライバーの1人フェルナンド・アロンソ選手が参加する事になりモーターレーシングファンには格別な週末になっておりました。


残念な事にクマ社員、仕事の都合で当日中のTV観戦が叶わず翌日帰宅してからの視聴となってしまいました。
当然、月曜日1日モータースポーツ関連のニュースサイトやSNSをシャットアウト!両レースの結果を見ないようにしておりました。


トコロが、普段モータースポーツ情報とは無縁のニュースサイトから速報
「佐藤、歓喜のミルク」の一文…
多少なりともモータースポーツが好きなので「ピン」と来てしまいました…




琢磨…もしかしてインディ制覇しちゃった?
^^;

注:インディ500は伝統としてウィナーが牛乳を飲む事になっております。



もう、それからは詳細が知りたいけど調べたついでにモナコの結果まで出て来ちゃったら薮蛇どころではないのでパソコンやTVに近付かずスマホも触らないように1日過ごして帰宅後のTV観戦。
流石に2レース視聴したら…


寝不足なんてモンじゃありません
( ̄▽ ̄;)



正直な話、昨年辺りから忙しいのを理由にインディに参戦している佐藤琢磨選手の活躍をフォローしておりませんでした。
そろそろキャリアの終盤に差し掛かっていらっしゃるのかな?と感じて寂しくなって居たのも事実。
そんな事もあって今回日本人として初の快挙を我が事の様に喜べる程お調子モンではないと思っております。
でもね…

ゴール後の無線、琢磨選手の歓喜の叫びを聴いたら鳥肌なんかじゃ収まらない熱い感情が込み上げてしまいます。



フラフラ職場に向かっておりますが良いモン観れたんで心は軽やか!
♪( ´▽`)
10年前、小さなF1チームで孤軍奮闘しながらそれでも斬れ味鋭い活躍を度々見せてくれたあの頃を思い出していたライトなモータースポーツファンの1日でした。

琢磨選手おめでとうございます!
フォーミュラ1 | コメント:0 | トラックバック:0 |

…まだ半信半疑なんですよね

さて
2017年シーズンのF1も無事開幕!


なんと開幕戦 オーストラリアGP

フェラーリのセバスチャン・ベッテル選手の快勝でスタート!
(≧∀≦)




めでたいッ!
・:*+.\(( °ω° ))/.:+




続く第2戦 中国GP

こちらはメルセデスのルイス・ハミルトン選手に軍配!


開幕から接戦じゃない!
♪( ´▽`)



今シーズン、楽しくなりそうな予感がしてまいりました!










TV壊れてるから観れないんですけどね
(−_−;)

フォーミュラ1 | コメント:0 | トラックバック:0 |

季節は春!

F1好きにとって期待だけが膨らみ続ける楽しい季節です。

F1速報 2017年NEWマシン情報号
今シーズンは車両規則が改定となりました。
ここ数年は空力処理の効果測定のシュミレーション技術が向上されていて性能の良いマシンの空力は直ぐに模倣されてしまうので、下手をすると1年後には皆似たようなデザインに収れんされてしまいます。
なので、この新規則の初年度の今プレシーズンは見ているだけでも楽しくなってしまいます。


後はカラーリングも然りで、新しいスポーンサーを迎えたりと新体制としての飛躍を期してイメージチェンジしてくるチームに新鮮な印象を感じる事が出来るのもこの時期。
そんな中

首脳陣交代もあってマシンのコードネームとカラーリングを一新してきたマクラーレンのMCL32…


う うん え~と新鮮っちゃ新鮮かな?
σ^_^;



チーム創設期のカラーリングを取り入れたんだとかで鮮やかなパパイヤオレンジに彩られております。


………ま、速ければカッコ良く見えるのかな?
とか思っております
^^;



さぁ、早くも楽しくなって参りました!
♪( ´▽`)

フォーミュラ1 | コメント:0 | トラックバック:0 |

遂にポスト「セナ×プロ」時代に突入!

さてさて
昨年末のF1を震撼させたビッグニュースこと、戴冠したばかりのチャンピオンがひと月も経たず引退を表明…
ニコ・ロズベルグ選手の決意は尊重されて然るべきなんでしょうけど


アッサリし過ぎじゃない?
σ(^_^;)




突然、チャンピオンチームに空席が出来てしまって大騒ぎだった界隈もウィリアムズのバルテリ・ボッタス選手の移籍で落ち着いたご様子。
コレで各チームの新車発表を楽しみにプレシーズンが過ごせます。


そんなクマ社員、年末年始購入したコチラをやっと読了。

GP Car Story Vol.18 McLaren MP4-13



…もうね、色々感情が昂ぶっちゃって
^^;




時代的にはミハエル・シューマッハ選手の全盛期に重なる為、シューマッハファン&ティフォシの皆さんには軽んじられがちな一台なんですけど1998年シーズンを堂々制した最速マシン!
レイトンハウスからウィリアムズへ移籍してデザイナーとしての地位を確立したエイドリアン・ニューウェイ先生が勢いそのままに作り上げ、F1復帰後ようやく競争力を上げてきたメルセデスエンジンとのタッグ…そして何より参戦2年目のブリジストンタイヤによってチャンピオンを勝ち取った実績だけでもトピックス満載だったりします。
d(^_^o)



クマ的には、なによりもドラバー、1998年シーズンのチャピオンであるミカ・ハッキネン選手に初戴冠をもたらしたマシンとしての思い入れがハンパない訳なんですけど
♪( ´θ`)



そんなこんなでちょっと鬱陶しい内容になって来たので次回に続きます。
^^;
フォーミュラ1 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT