FC2ブログ

また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

幸せの黄色い…






(; ̄ェ ̄)



今シーズンはもういいか…





そんな夏休み以降の展開でした。
もう毎レース毎レース、セバスチャン・ベッテル選手が…スクーデリア・フェラーリがヘタなコントを見せるかの様に自滅を繰り返す…



ミハエル・シューマッハ選手の黄金期が遥か昔の伝説かお伽話にしか思えない内容。
当時は、フランスやイギリスからレースのプロフェッショナルを集めてなりふり構わず勝ちに行っていた印象。この10年、チームの中枢を再度イタリア勢で固めて気が付いたら古き悪しき跳ね馬に逆戻りしておりました。
ポイント上チャンピオンはまだ決定しておりませんが、これでセバスチャン・ベッテル選手の逆転優勝とかあったらルイス・ハミルトン選手とメルセデスチームに申し訳ない感じになってしまいます。
なので、後はジリジリするチャピオン争いよりも毎戦主役が変わる様な痺れるレースを期待しております!



にわかティフォシの敗北宣言はこれくらいにして、楽しい鈴鹿の思い出でも…


スマホの写真残ってないんだ…
(ーー;)



なんで
日本グランプリ前に発売されたコチラから

GP Car Story Special Edition SUZUKA
愛読誌、恒例の秋の特別編集版
今年、30回目の記念大会だった鈴鹿での日本グランプリを振り返る一冊。
1987年から連続開催されている日本グランプリ。
クマも'89年以降毎年現地かTVで観戦しております。
秋開催という事もあり、何度となくシーズンのクライマックスが展開されて来ました。
この特別編集版の制作にあたっては読者から「思い出の日本グランプリ」の投票募集があり、クマもちゃっかり投票しておりました。


そんなクマが選んだ「思い出の日本グランプリ 3選」は
初めて鈴鹿を訪れた1989年

「推しのドライバー(ミカ・ハッキネン選手)」が目の前でタイトルを決めてくれた1998年
そして
・我らが佐藤琢磨選手がデビューシーズンの鈴鹿で奇跡の走りを見せてくれた2002年でした。


1987年に中嶋悟さんがデビューして始まった日本人F1レギュラードライバーの系譜は2000年に高木虎之介さんがF1を離れた事で途絶えてしまいます。ホンダが復帰していたものの「日本人ドライバー不在」が2シーズンも続く異常事態(小林可夢偉選手がF1を離れ日本人ドライバー不在が早4シーズン目の現状からすればまだまだ良い方なんですけどね)。
そんな中、ホンダのバックアップを受けてイギリスF3で頭角を現して来たのが佐藤琢磨選手。
2001年に数々のの名ドライバーがチャレンジしてきた各国F3のオールスター戦であるマカオGPを制してホンダエンジンで走っていたジョーダンのシートを射止めます。
そんな佐藤琢磨選手がデビューシーズンに乗り込んだのが

GP Car Storys Vol.25 Jordan EJ12
GP Car Storyシリーズでは2回目のジョーダン。
ホンダエンジンと久々の日本人ドライバー!
しかも、それまでのメーカーやスポンサーのバックアップの元日本国内で実績を上げてのステップアップとは違い現役のイギリスF3チャンピオンにしてマカオウィナーと言う今までに無い可能性を秘めた日本人F1ドライバーの誕生に日本のF1ファンの期待を再度昂らせたマシン。
ところが、当時のジョーダンはタバコ関連の広告収入の激減期で大幅なリストラを断行しながらのシーズンイン。琢磨選手の経験不足もあって開発すらままならない開幕を迎えシーズン終盤まで苦戦を強いられます。
そんな中迎えた最終戦、母国日本GP。
ホンダとジョーダンのエンジン供給契約終了を受け、翌シーズンのチーム残留が難しい状況にもめげる事なく鈴鹿のコースを走り抜ける琢磨選手を
全力で応援していた事を今でも強烈に覚えています。



そんな懐かしい記憶を掘り返していたら急に思い出して住処を捜索。

コチラを発掘しました。
2002年の日本GPを「佐藤琢磨応援シート」なる特別指定席で観戦しておりました。その時に配布されたブルゾン。
しっかり着込んで応援ておりました。



我ながらミーハーな観戦をしておりました。
あの日、西日を受けて力走する黄色いジョーダンのマシンに全力で声援を送り、そのジョーダンEJ12を駆る佐藤琢磨選手の可能性に魅了されて…
良い思い出です。
(*´ω`*)

スポンサーサイト
フォーミュラ1 | コメント:0 | トラックバック:0 |

4年ぶりに立つ丘の上には…

実は…




F1観戦して来ました~!
(≧∀≦)




土曜、日曜と三重県は鈴鹿サーキットまで日本グランプリを観戦しに行って参りました。
就活で忙しい中、迷いに迷ってギリギリに思い立ちました。
観戦券の入手はなんと木曜日!



就活も忙しくなったしそろそろ口座の残高も気になり出したし…
とか迷ってましたけど



最大の理由は跳ね馬陣営のあの体たらく…
( ゚д゚)




ま、そんなこんなで躊躇っておりましたけど
「前後の予定に惑わされないで観戦できるのなんて滅多に無いよな!」

ここ数年の鬱憤も晴らしたくて出発しました。

早朝、名古屋着。ココから

鈴鹿サーキット稲生駅へ
土曜日の鈴鹿は台風の影響もあって厚めの雲が上空でウネウネと動き回っていて荒天の匂いがプンプンです。



久々の鈴鹿サーキット。
金曜の練習走行だけ観に来たのは5年前、決勝迄観戦出来たのは7年前の話です。

そんな7年ぶりとなる観戦ポイントはコチラ!

今回、チケット料金に一部ディスカウントが実施されコチラはかなりお安くなったエリアのチケット。今年の集客はかなり力が入っているご様子。



それもその筈で、何でも鈴鹿開催30回目の記念レースなんだとか!

レース以外のところでもイベント目白押しとかで…


んなら
久々の鈴鹿を味わえるだけ味わってみっかーーー!
d( ̄  ̄)



と思った次第。


日本や海外のF1ドライバーOBによるトークショーや

日本グランプリに所縁のあるクラッシクF1カーのデモンストレーション走行…
土曜日は雨上りの路面で危険だったので出走台数少なめでしたけど

日曜日の決勝レース前は快晴!
マクラーレンMP4/6…故 アイルトン・セナ選手が駆ったホンダのV12エンジン搭載モデルに佐藤琢磨選手が乗り込んでホンダサウンドを聴かせて下さいました。


いつもだと観戦ウイークを通して名古屋までの電車の指定席を押さえておいて早々に名古屋へ移動するクマですが…

夜の鈴鹿も堪能!

全ての走行セッション後に行われる

ナイトピットウォークなるイベントに参加。

実況映像で見慣れては居ますけどこの距離感を体感してしまうと感動もひとしお!

ピット出口から翌日のレース展開に想いを馳せてみたりして…
(*´ー`*)


まぁ、とんでもなく残念な展開だったんですけどね
( ー ー)



そんな、残念な日曜のレース後は

西コースウォーク!

その昔、コースに沿って全ての客席を回ってみた事がありました、今回西側のエリアのみですけどコース上をゆっくりと歩く事が出来ました。

客席表示で言うとE席前のカーブから

取り敢えず路面にタッチ!

ココからコースの半分、約3キロちょっとの西コース。数々のドラマがあった場所を辿る様に歩いて行きます。

初めてF1を観戦した立体交差近くのスタンド。



この日のレースでセバスチャン・ベッテル選手がやらかしたヘアピンカーブ。



難易度高めのスプーンカーブ




西ストレートに




屈指の高速コーナー130R




ドラマが生まれるシケイン…と暗くなるのも忘れて踏破。

最終コーナーからメインストレートを眺めながら、久し振りの鈴鹿に別れを告げて帰路へ!



出かける前には「これが最後になるかも…」と思って居ました。それだけに2日続けて暗くなるまで堪能したものの、東京への道すがら「叶うならもう一度…」思ってしまった次第。




にわかティフォシには残念なレース展開もそっちのけで楽しい気分のまま帰ってこれました。
フォーミュラ1 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「なんでこんなに速くて強いんだろう?」と思ったマシン

既にカナダGPが幕開けしておりますが

伝統の一戦 モナコGPはダニエル・リカルド選手が逃げ切って今季2勝目。
不思議なくらいにルイス・ハミルトン選手×メルセデスが勝ち切れない中、セバスチャン・ベッテル選手×フェラーリの悲しくなるくらい安定した取りこぼしによってかなりな混戦具合となって来ました。
このままもつれ続けるのか?それとも見慣れた序列に収まるのか?
この夏はジリジリした感じで一戦一戦を観戦出来そうです。


今回のモナコ。ポールからトップを走り続けたリカルド選手、レース中盤からエンジンに不調を抱えながらの走行。終盤にはシフトチェンジも満足に行えない状況下で粘走してのトップチェッカー!
ゴール後の無線で「まるで1994年のシューマッハの様だったぞ!」とチームからの激励を受けていました。


新規定下で始まった1994年シーズン。
サンマリノGPでの悲劇を挟んで連勝していたミハエル・シューマッハ選手のシーズン初黒星は第5戦スペインGP。
レースの中盤でシフトチェンジが出来なくなったにも関わらずピットストップもこなして走り続けて2位表彰台を獲得してしまいました。
そのクルマがコチラ

GP Car Story Vol.24 Beneton B194
毎回思うけど、このシリーズの絶妙なタイミング…
この偶然って凄いなぁ!と思う次第。


'90年代に二大空力デザイナーと謳われたニューウェイさんとバーンさん。
1994シーズンの規則変更に際して空力を突き詰めたニューウェイ×ウィリアムズに対し空力と車体制御の落とし所を探ってレース戦略への運用性も折り込んだバーン×ベネトン。
あのシーズン、憎らしい程不思議に強かったドライバーとチームとマシンの秘密が垣間見える一冊でありました。
フォーミュラ1 | コメント:0 | トラックバック:0 |

祝☀️開幕!


'18シーズンが開幕しました
予選~決勝序盤までメルセデスが圧倒的な強さを誇っていたのに敵失に活路を見出したフェラーリ×セバスチャン・ベッテル選手が勝ちを拾う展開。


浮かれ気分では終われないやね。
(; ̄ェ ̄)



一方、日本人としては嫌でも注目してしまうのがホンダF1。
今年から中堅プライベーターのスクーデリア・トロロッソとジョイント。
好きな歴代F1ドライバーにナショナリズム丸出しで佐藤琢磨選手を上げてしまうクマ的には、'05 '08と2回も見放したホンダと'09にギリギリまで色目使っといて結局乗せてくんなかったトロロッソのコンビなんだから組む以上はちょっとは活躍しろや!
位に面倒くさいファン気質全開で注目させて頂いておりますが、開幕戦は散々な結果…
昨シーズン限りで袂を分かったマクラーレンがそこそこだっただけに…


悔しいっちゃ悔しい!
( ̄ー ̄)




そんな下位チーム&日本メーカーへのエールなのか、開幕前に刊行された愛読誌

GP Car Story Vol.23 アロウズA18・ヤマハ
'96年シーズン、自身とチーム悲願のチャンピオンを獲得したにも関わらずチームから放出されたデイモン・ヒル選手、耐久レースで名を馳せF1に進出し遂にチームを買い取り自チームとして参戦する事になったトム・ウォーキンショー代表、ティレルとのパートナーシップを解消したヤマハ、満を持して参戦決定したブリジストンタイヤ…
そんな4者が邂逅を果たすのが中堅チームアロウズ。


チーム創設から結局優勝を上げる事なく消滅してしまった愛すべき下位チームなんですけどね…
日本人としては因縁の多いチームだっりもします。
しかしながらこの'97シーズンに向けての体制変更は…
もうね下位チーム好きにはたまらないネタの宝庫!
(≧∇≦)

みたいなニュースでした。
と同時に
多分コケんだろうなぁ
(; ̄ェ ̄)

とも思っていた次第。


案の定、開幕戦で前年チャンピオンがまさかの予選落ちギリギリ…なんて悲惨なスタートを切ってしまいます。
それでもドライバーとチームが一丸となってシーズン終盤に好成績を収める様にまで改善を果たしました。
下位チームにありがちな降って湧いた様な転機と「にも関わらずな」低迷、そしてそんなF1あるあるを超えてみせた復活。
そんな良い話を今季のトロロッソ・ホンダに重ねてみるのもこの時期夢があっても良いのかな?とか思った開幕戦の感想でございました。
フォーミュラ1 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こちらにも春の息吹が!

3月です
早くもF1は始動しております。

F1速報 2018年 NEWマシン情報号
技術規則には大きな変更は無いもののドライバー保護の為に導入される新装備ハロが導入となり見た目に大きな…かなり違和感ある変化が現れております。


まぁ、これは直に見慣れるんでしゃうけど…
^^;



毎年の事ながらこの時期が1番ワクワクします。
昨年、長期契約を解消してあらたにトロロッソと組み直したホンダに若干の期待はしつつも、トップチームの接戦を期待して止まない春の訪れだったりしております。
♪( ´▽`)
フォーミュラ1 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT