FC2ブログ

また一日穏やかならばそれで良い

日々平穏、お気楽極楽な生活を送る四十路男子。 そんな私、クマ社員が振り回されてる雑多な趣味や出来事、数少ない友人達をお気楽に日記にしたためてみたいと思っています。

初老さん高尚な世界を垣間見る


梅雨の晴れ間のとある帰り道、ちょっとバイト先のご縁で観劇



なんとオペラ鑑賞!…正確にはオペレッタ
歌劇の一部に演劇を盛り込みお話の展開を分かりやすくしてある…と言った感じでしょうか!
生まれて初めての鑑賞です
お誘い頂いた時点では、ちょっと敷居の高さを感じておりしましたが「街の小劇団」的な皆さんのオペレッタはセリフを現代的な口調に直し当時の風俗や世相を現代のそれに照らし合わせたりと分かりやすくする為の工夫が凝らされていて、しっかりストーリーを追いながら鑑賞する事が出来ました。


そして何より、小さな劇場でしたけど音響機器を通さずに響き渡る歌声の迫力には唯々圧倒されてしまいました。
流石に「オペラにハマった!」とまでは気安く口には出来ませんが、次の公演のお誘いを頂いたのには二つ返事で約束させて頂いた次第であります。
(*´ー`*)
スポンサーサイト
ただの与太話 | コメント:0 | トラックバック:0 |

オッさんポケモン部に初夏の珍事発生であります

実は、前回の北海道お見舞い弾丸ツアー中、元職場の先輩にしてポケモン部部長でもある「千葉の先輩」から連絡がありました。
同じく元職場の先輩こと「親分」が病気で入院!との事。
なんでも原因不明の高熱で病院行ったらそのまま入院する事になったんだとか…




休みの日を利用して

お見舞いついでに親分宅の大掃除!
バツイチ&独り身の親分宅の鍵を預かってる千葉の先輩指示のもと掃除・洗濯・洗い物に観葉植物のお世話までキッチリ行って来ました。



肝臓に膿が溜まっていた親分、原因が分かるまでは入院してしっかり検査してもらう事になったらしく、軽くやつれておりましたが…
「酒もタバコも我慢しなくちゃいけないから辛くて辛くて…」
位の罰当たりな事を呟いていたのでひと安心!
またどっかの休みにでもお見舞いしてみましょうか!




ただの与太話 | コメント:0 | トラックバック:0 |

キャロチュー(*´ω`*)

珍しく毎回の放映が楽しみなTVアニメを楽しんでいます。

キャロル&チューズデー






本来は若い人が楽しむものなのかしら?
^^;



大都会の片隅で孤独にも負けずにミュージシャンを目指す少女と何不自由無い暮らしを捨てて「音楽をやりたい!」って気持ちだけで家出して来た少女。そんな2人が出会って物語が始まります。
軽いタッチの絵柄と国内外の実力派アーティスト提供の楽曲がストーリーをブーストしてついつい夢中になってしまいます。
ちょっと眩しい位の瑞々しさです。
そうは思いつつ主人公2人の周りで彼女たちを見守る大人達に唸らされたりしております。



さて、こちらの総監督をされているのは渡辺信一郎さん。
実は、渡辺監督の最新作だと聴いて昨年から楽しみにしておりました。
渡辺監督作品と言えば

「カウボーイビバップ(1998年)」
先日、個人的に平成を懐かしむ際に劇場版を観賞しておりました。
この作品は海外でも高い評価を受け、ハリウッドから実写映画化のオファーを幾たびも受けているんだとか。


この作品に先立つ事1994年に主要スタッフが手掛けていたのが

「マクロスプラス」


当時、アニメにあまり関心の無かったクマが久し振りにハマった作品でした。
キッカケはOVAリリースのCM。肉弾戦するロボットと不思議なアイドルのPVをコラージュしたみたいな映像に当時のアニソンではあまり聴いた事が無い曲調の歌が添えられていて、たった30秒のCMなのにそのスタイリッシュさに魂を鷲掴みにされました。
「最近のアニメは凄い事になってんだなぁ」と感心してしまったのをよく覚えています。
当時は、ちょっと仕事で難しい立場の時期で、ぶっちゃけ「辞めちまおう!」とか平気で思っていた若気の至り全開の時期だったので、懐かしいタイトル(マクロス)だけど新しい「何か」があるこの作品に救われた事を昨日の様に思い出してしまいます。


そんな、クマの様なライトユーザーにとっても大好きなアニメの監督の1人に数えさせて頂いている渡辺監督の最新作。
毎回オープニングのナレーションによって彼女達の行く末は示されています。それでも作品の中で彼女達を見守る…挫折していたけど2人の存在によってもう一度夢を見始めた大人達と同じ様な気持ちで放映を楽しみにさせて貰おうと思う次第です。
(*´ω`*)



“それは
まるで奇跡だった
そう 火星の歴史に刻まれる事となった「奇跡の7分間」
これは その原動力となった2人の少女の物語である”

(キャロル&チューズデー オープニングナレーションより)
ただの与太話 | コメント:0 | トラックバック:0 |

水増しカミングアウト その1 クマ家のTV事情~その後

いきなりなタイトル…
^^;


実は、ちょいちょいタイミングを失って日記に認めて居ないネタがあったりします。
まぁ、書くタイミングを失ったって事はそう言う「流れ」にあった物なんだろうから仕方がない事!
と、自分が筆不精なだけという事実に対して自己弁護をしているだけなんですけどね…


とは言え、確かにしょうがない事だと納得しております。




ても…



勿体無いじゃない!
(≧∀≦)




只でさえ更新頻度低いんだし、「思い出のバックアップ」のつもりで認めているんだから少しでも日記に留めた方が良いと思ってしまいます。
また時折スッ飛ばしたネタが後々効いて来て、それに触れずに認めるのが難しい事があったりして…


水増しネタにしちゃおうかな?

^^;



そんなんで今回はTVネタ。

クマ家のTV、2年程前に突然現役を引退買い替えようか悩んだ結果、当時まだお高かった4Kを諦め変な迷走の末タブレットテレビを購入して何とかテレビライフを修復させた件までご報告しておりましたが…



実は昨年買い替えてました
^^;

SONY買っちゃった!


退職金出た直後だったんでつい…
^^;


タイミング的にヘルメット新調したり携帯機種変したりしていた時期なので我ながら無駄遣い感が半端無くて書きそびれておりました。
そしてコチラの機種

AndroidTV搭載モデルだったりします。
要はAndroid系のスマホに似た様な機能を持っていてネットに繋いでアプリをダウンロードすればYouTubeとかの動画配信サービスを利用出来る様になると言うもの…


便利な時代になったもんだな…
(*´ー`*)


と言う訳でネットにもCSにも繋いで昨年はF1もサッカーもタブレットの小さな画面では無く普通に楽しめていました。



と、ここまで過去の無駄遣いネタを告白したついでなんでコチラもカミングアウト!

実は、まだ前職に勤務中にネット通販大手のアマゾンさんのプライム会員になってました。
当時、軽くネット通販にハマっていたのであまり何も考えずに入会。
本当、何も考えて無くて…

primeビデオ見放題なのも気付かず無料お試し期間を終えておりました…
( ̄▽ ̄;)


今や当たり前の映像配信サービスを活用出来たのに使いこなせずにいた事に我ながら震えてしまいます。
σ^_^;


そんな新しい武器2つを携えた初老さんの新しいTVライフは新しい段階に移行しました!








しましたけど…
アレだね、観るものいっぱいあると意外にどれから観ていいのか分からなくてなるよね
^^;

ただの与太話 | コメント:0 | トラックバック:0 |

それは探究なのか食意地なのか…σ^_^;


さてさて
平成の終わりに突然訪れた「桜餅フィーバー」…
一般的に西で多く親しまれている「道明寺」と東の「長命寺」。
どちらも桜の葉で巻かれた餡入り餅をその香りを楽しみながら頂く風流な和菓子。


…ところが
生まれも育ちも東京のクマには「道明寺」の桜餅が御馴染みで「長命寺」の桜餅はたまに見かける程度のレアアイテム。季節外れになりつつあるのに近所で探し求めてみたりしたけど、やっぱり道明寺ばかり…



当然、気になっちゃうのよね~~~!
(≧∀≦)




結論から言ってしまうと、現代において全国的には道明寺粉を使った桜餅が一般的らしいです。
長命寺の桜餅と言うのは、隅田川のほとり向島の長命寺の門番の方が桜並木の桜の葉を使って考案した餅菓子に端を発し江戸の町で親しまれていた物が現代になって江戸から東京、大きな括りで関東、更に大きく東日本で食べられているさくらもちとして称されている。と言う説があるそうです。



と言う事で

当然、食べに行っちゃうよね~~~!
(≧∀≦)

やって来ました浅草。

隅田川を渡って

川沿いを遡る様に歩いて行くと。

長命寺さまに到着



しっかりお参りさせて頂いてからの…

長命寺 桜もち 山本 さん


初老さん、どうせならと発祥の地で長命寺を食してみる事にしました。

お土産での販売がメインな様なんですけど店内はこんな雰囲気バッチリのお茶屋さん。
1つから注文出来て緑茶もサービスして下さいます。



からの…

長命寺の桜餅ぃ~~~!
(≧∀≦)

此方も雰囲気満点の木箱に入って、桜餅さんの登場。なんと桜の葉3枚に包まれております。



じゃ…
(*´Д`*)



じゃあ…剥がしちゃおっかな…
(≧∀≦)







白っ
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ



何と、発祥の地の桜餅は真っ白でした。
ちょっと上から写した写真しか無くて分かり辛いので店頭のディスプレイの写真

なるほどなるほど、平たい円に広げた餅の中央にこし餡を乗せて二つ折りにして包んであります。


お味の方は軽い食感の餅に上品な甘さの餡子、そして3枚の塩漬けにされた桜の葉の香りがとても豊か。流石に3枚は多いかなと1枚剥がして頂きましたけど市販の桜の葉とは違って薄くて柔らかくて「サクッ」と嚙み切れるし口の中でもゴワゴワしません。何より口の中から鼻腔に抜ける桜の香りを心地良さ!
とても風雅なお茶の時間となりました。


しっかり長命寺の桜餅を堪能した後は

隅田川の辺りでもそぞろ歩いて見ようかと河岸を目指します。なんともごっつい階段を登ってみると

ちょっと不思議な形の橋。
桜橋
隅田川唯一の歩行者専用の橋梁なんだとか
で、何が不思議かと言うと

(Wikiから拝借)
上から見るとXの形になってます。
橋の中央から来た道を振り返ると

スカイツリーがかなりの近さ…


そのまま徘徊を…とかチラッと考えましたけど


お腹が膨れて軽くお眠だったのでアッサリ帰宅したのはココだけの話です。
^^;



とにかく、平成の終わりから始まった桜餅への飽くなき探求は一先ず決着。甘いものも一杯食べる事が出来たし中々満足でありました。
宮崎のお姉様ありがとうございます。

来年こそ両方並べて食べ比べだな!
d( ̄  ̄)

ただの与太話 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT